2008年09月25日

ぐーぐーだって猫である


映画館で久しぶりに映画をみました。

「ぐーぐーだって猫である」

猫が人間をみてる視線てこんなかんじなんだろうな、と我が家のにゃんこを思い浮かべながら見ました。

動物ものの映画やテレビは最も苦手なのですが、動物が痛い思いをするしないに関わらず見ているだけで涙が流れるのです。。。この映画は大丈夫でした。

もうすぐ秋、映画館でまったりするのにぴったりなシーズン到来ですね。
posted by めいしん at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。