2008年07月08日

上野の奥

上野は奥が深い。

東京芸大で開催中のバウハウス展へ。

カンディンスキーやクレーの色彩授業を受けてみたかったなぁ、

芸術のための芸術から脱却したこの時代はスゴイ、

など様々なことを感じつつ会場を後にしました。

帰りPA0_0011.JPG道、博物館に通じる道の脇に何やら立派な建物を発見!

  そこは、「国際こども図書館」 でした。
PA0_0001.JPGPA0_0007.JPG
  当日は、チェコの絵本展が開催されていました。

  この建物の前身は「旧帝国図書館」だけあって、内装がすばらしいです。

  

この建物PA0_0008.JPGの裏側といいますと、 とても今風、
PA0_0006.JPG
  補強工事を行ったそうです。

  内部はとても明るく静かです。1F外のテラスは絶好の寛ぎエリアです。(当日は暑くてすぐに中に入りましたけど…)




 「子ども図書館」という名称に関係なく、大人も子どもも楽しめます。

 私は、絵本や・宇宙の秘密みたいな本を読んで過ごしましたが、室内には私のように過ごす大人で一杯でしたよ。小学校の図書室にいるみたいで、懐かしかったなぁ。

 今日も上野で楽しませてもらいました。

 
 









 

posted by めいしん at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。